岡町菜園

大阪のベッドタウンとして早くから開発が進んでき阪急宝塚線の岡町駅から徒歩5分という地域。通常ならマンションが建設されていても
おかしくないところを無償でお借り出来たことが「豐中あぐり」の出発点。
2015年11月の話から2016年3月に近隣住民への説明会を開催。
「なぜ農業なのか?花壇の方が住宅地には似合う」「虫が来る。肥料の臭いが臭い」「知らない人がうろうろされては不安」「交通量の問題」などさまざまな意見がでました。
一つ一つ丁寧に対応、4月8日からポランティアによる整地・開墾・畑作りを開始

2016年4月23日オープンセレモニーを開催
看板の取り付け・豊中市役所、豊中市社会福祉協議会のかたがたをはじめ関係者が記念野菜の苗を植えた。
2016年初年度は「花とみどり」からの指導者に教わりながら、今まで畑など行ったことのない人々が、夏野菜のキュウリ、トマト、ナス
西瓜などの出来栄えに感動した。

秋にはさらに畝を増やし、冬物野菜として大根、白菜、キャベツなどの根菜・葉物を植えた。はくさい、きゃべつなどは害虫の餌食にもなりかなり苦戦したが、根菜の大根、ジャガイモ、玉ねぎは立派なものが収穫できた。

岡町菜園は設立時から、ユニバーサル菜園として、畝間を車椅子が通れるようにしていたが、地面はバラスのままでとても車椅子が通れるようなものではなかった。
2018年に古い煉瓦を入手することができ、会員全員で5000枚のレンガを引き詰めイングリッシュガーデン風に生まれ変わった。

 

 

 

◎岡町菜園の現状

 

岡町第二菜園

2019年3月末に、地主さんから使用許可を得て、近隣住民の方々に報告。

岡町菜園の南側50メートルくらいの所に新しく土地の提供を受け、5月2日に西瓜、トマト、キュウリなどの夏野菜を植え付けた。

ブログ一覧